瑞穂の国日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒住宗忠と松下幸之助が説く神の心

<<   作成日時 : 2006/12/27 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

黒住宗忠は
人の心は、もったいなくも、大御神様の御分霊なり、ご分心なり。
罪を祓い、穢れを祓い、我を祓うて清浄無我の場に到れば、すぐに神なり。
人々直ちに神の一柱なり。
有り難き御事ならずや。
されば、時々刻々に、神と離れぬようにせねばならぬ。
隔てのなきようにせねばならぬ。
それが何より肝要な道の修行なり!!

                                    「生きる教え」黒住教日新社より
と説かれています。

松下幸之助は
素直な心とは、いいかえれば、とらわれない心である。
自分の利害とか感情、知識や先入観などにとらわれずに、物事をありのままに見ようとする心である。
そういう心でものを見、事を行っていけば、どういう場合でも、比較的過ちの少ない姿でやっていくことができる。
素直な心はその人を、正しく、強く、聡明にするのである。
正しさ、強さ、聡明さの極致はいわば神であるともいえよう。
だから、人間は神ではないけれども、素直な心が高まってくれば、それだけ神に近づくことができるとも考えられる。
したがって、何をやっても成功するということになる。
経営においても然りである

                                     「実践経営哲学」PHP文庫より
と私心なくくもりのない心になれば神に近づくことができ、何をやっても成功すると説かれています。一つのことを極めれば、全てに通ず、ではないですが、お二方は、歩んだ道は違えども同じことを説いているように思います。

では、どうすれば心を祓い清め、神に近づくかですが、
一心無我にして、祓修行をする時は、即ち「天心」なり。
「天心」の本は、即ち、日の御神なり。

と、黒住宗忠は教えています。
同じことを毎度毎度書いていますが、人生、事業の成功は、祓修行、常祓から第一歩が始まるのかもしれません。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒住宗忠と松下幸之助が説く神の心 瑞穂の国日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる