アクセスカウンタ

<<  2006年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
赤木忠春の奇跡ー3(黒住教)
赤木忠春の奇跡ー3(黒住教) 忠春の名高い噂が次第に拡まって行くと共に、これをねたむ者が現れて、或る夜の事、ひそかに死人を宗忠神社の縁側へ投げこんで、困らせようとした者があった。 あくる朝、門人たちがこれを見て大さわぎとなった。 忠春はこれを聞くと、 「この死人に御神徳を取り次ぐ者はないか?」 と命じて見たが、誰一人みかげを授けようとする者もないので、自分からつかつかと縁側に進むと、 「生々の神域を汚すこの不埒者めがっ!!」 と大声で叫ぶと、見るまに死体を縁の下へ蹴落としてしまった。 「あっ!」 と人々の驚い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/25 12:09
大祓詞を神さまに感謝しながら唱えることで日本を立て直すことができるー葉室頼昭の言葉
大祓詞を神さまに感謝しながら唱えることで日本を立て直すことができるー葉室頼昭の言葉 「大祓の言葉というのは呪文ですか」と質問する人もいますが、それは理屈です。 言霊なんですね。言葉というのは、神さまの心を伝えるものです。 言霊に理屈というのはない。その神の言葉そのものを唱えるということです。 これを無我になって唱える。唱えるといっても、一度や二度唱えても祓われるわけがないので、のべつまくなしに、にこにこしながら神さまに感謝して、そしてゆっくり無心に唱える。 これしか方法はありません。そこに理屈は何もないんですね。 だから、素直でない人は祓われないのですね。神さまが祓わ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/18 20:04
大祓詞奏上の功徳2−葉室頼昭の言葉(春日大社)
大祓詞奏上の功徳2−葉室頼昭の言葉(春日大社) 葉室ョ昭さんは、かつては日本で有数の形成外科医院の院長をされていたという異色の経歴を持つ春日大社の宮司さんですが、自著の中で ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/16 20:13
私心のない心になれば、自然に道は開かれる
私心のない心になれば、自然に道は開かれる 前のエントリーで「我をださない」というのがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/13 20:46
講談本に学ぶ−松下幸之助、本田宗一郎の教え
講談本に学ぶ−松下幸之助、本田宗一郎の教え 松下幸之助さんは丁稚奉公をされてた時の頃を振り返り ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/06 20:53
天皇を中心として−松下幸之助
天皇を中心として−松下幸之助 日本と日本人の歴史を考える上で大事なことは、日本人は天皇というものを中心にして、過去二千年の歩みを続けてきたということです。 建国以来一貫して、天皇を国家の中心として、国家経営、国民活動を行ってきたわけです。 これは、まことに他に見ない独自のものではないかと思います。 もちろん外国においても、国王とか皇帝とかがいて、それを中心に国家を運営してきたところも少なくないと思います。 記録に残っていない集落の時代を含めて考えれば、一つの集長の家計がきわめて長きにわたって続き、代々その集落を統治し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/03 21:15

<<  2006年11月のブログ記事  >> 

トップへ

瑞穂の国日本 2006年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる