瑞穂の国日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 我情我欲、先入観などを祓いに祓う常祓ー黒住宗忠の教え(黒住教)

<<   作成日時 : 2006/10/26 20:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

前エントリーで、人として私心のなくくもりのない赤子のような心がもつべき心がまえと書きましたが、ではどのように私心をなくしくもりのない心になるかですが、黒住宗忠は

元来、日月より来たれる人なれば、よく一切を祓うて「我」(われ)なき場に立ち至る事ができるなり

一心無我にして、祓修行をする時は則ち「天心」なり。「天心」の本は、則ち、日の御神なり

大御神様には、一切我物と申すものなし。その大御心が、我が本の心と思えばまことに有り難うて有り難うてなりませぬ。人の心は、もったいなくも、大御神様の御分霊なり、ご分心なり。罪を祓い、我を祓うて清浄無我の場に到れば、すぐに神なり。人々直ちに神の一柱なり。有り難き御事ならずや。されば、時々刻々に、神と離れぬようにせねばならぬ。隔てのなきようにせねばならぬ。それが何より肝要な道の修行なり!!

祓いは祓いなり。有るものをば祓い去って無に至るなり。心中一念発せんとするや、善悪共に、祓えに祓い、一物のも止めず祓い去る事なり。これ常祓いなり。この心一日もやまざれば則ち無に至るなり。無に至りてなおやまざれば、有り難く、嬉しく、面白き事の、言外にたとえをもって言い出しがたきほどの妙味あり。是れ則ち「天心」に至るなり。

時々刻々常祓いに祓えよ。

妄念を祓え。雑念を祓え。悪念を祓え。邪念を祓え。善念をも祓えよ。

寝ても覚めても心の祓い一筋に、懈怠なく祓えば我なき所に到る。

御神前にて、祓い一本修行いたすと申しても、その祓いの本体、一心なれば、八百万の神、悉くそこに集まりますなり。

                                    「生きる教え」黒住教日新社より

と常祓いこそ、無に至るために大切な修行であると説かれています。

常祓いとは、大祓詞の祝詞を無心になって奏上することですが、心と人生を真に豊かにするためにも、是非、毎日一本(一回)でもいいですから、大祓詞の奏上をお薦めいたします。

なお、お近くの黒住教の教会に行けば大祓詞など祝詞が書かれている冊子を100円の定価でおわけいただけます。
私は、未信者ですが、おわけいただけました。

また、祝詞のあげ方がわからなければ、「日々の祈り」(定価1000円)というCDがありますので、初めての方でもすぐに祝詞をあげることができます。こちらもお薦めです。

私は、車の運転中には、いつもこのCDをかけて気分転換に活用しています。

画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日々有り難うございます。
常祓い(じょうばらい・つねのはらい)とは、教祖神のもっとも大切にされていた修行です。教祖神は、多い時には日に千本のお祓いをあげられました。
我々も教祖神に習い、日に何十本もお祓いをあげなくては・・・。
日々修行中です。
なお、お祓いCD「日々の祈り」の作成にドップリと浸かっていました。
自動車の中で聞いていただいているなんて感動です。
ちなみに、私の声もCDの中にその他大勢で入っています。

今後ともよろしくお願いいたします。
勤番
2006/10/26 22:38
コメントを頂き、恐縮の限りです。m(__)m
教祖神様は日に千本もお祓いをあげられたのですか。
人間業ではないですね。
流石は生き神様といわれるだけのことはありますね。
私も教祖神様に神習い寸暇を惜しんで大祓詞の言霊を数多くあげて、自分の心のくもりを少しでも祓い清めれられるよう精進させていただきたく思います。
「日々の祈り」のCDの祝詞の声を通じて、勤番さんの言霊をお聞かせいただいてたのですね。
これからも勤番さんのブログを通じまして、道を学ばせていただければと思いますのでご教示のほど宜しくお願いいたします。
又、私のブログの内容につきましても何しろ未信者の立場ですので、もし教えを取り違いして間違っていることを書いていましたら、どうか忌憚なくご指摘いただければと有り難く思います。
こちらこそ今後とも、重ねがさねどうか宜しくお願いいたします。m(__)m




松下
2006/10/26 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
我情我欲、先入観などを祓いに祓う常祓ー黒住宗忠の教え(黒住教) 瑞穂の国日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる