瑞穂の国日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 我を出さない−黒住宗忠の言葉(黒住教)

<<   作成日時 : 2006/10/16 21:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

大ぜいの者が集まって、何か事ありげに見えましたので、教祖様も立ち止まってご覧になりますと、井戸の中へ猫がはまって、おぼれ死にしようとしているのを、人々が助けているのであります。
小さなざるのようなものを、綱の先につるして下げてやると、「おぼるる者藁をもつかむ」の諺どおりで、猫が小ざかしく自分で道へ飛び出ようとして、またドブンと井戸へ落ち込む。
また、も一度同じことを繰り返す。
今度は首尾よしと人々が喜んでおると、今ちょっとというところで、猫が早まって又井戸へ落ち込む。
三度、四度やってもどうもいけない。
人々も業を煮やして「やっぱり動物だな!しかたのない奴だ!」とつぶやく。
猫もだんだん衰えていく。
じっとご覧になっていました教祖様のお目にはいつか涙の露がやどる。
率直な銀治兵衛さんのことです。もう参りましょうと促しますので、教祖様もあとを振り返りがちに、やがてその場をお立ちになりましたが、だれに言うともなく独り語のように
「かわいそうにナ・・・」と仰せになりました。ー涙が頬をつたっています。
銀治兵衛さんが申しました。
「かわいそうはかわいそうですが、たかが動物の猫一匹のことです。なにも大先生のあなたさまが、泣かれるにもありますまい。」
これをお聞きになりました教祖さまは
「銀さん、猫のことではありませんぞ!あれは、お互い人間のことですぞ。
人間が利口そうでも、皆あのとおりのことをしておる。神さまがどうぞ助けてやろう、といろいろお骨折りくださる。
今度はよくなる、今度は助かるという、その時、も少しじっとしておればいいのを、すぐ「我」を出す。小ざかしい知恵を出して早まる。また元の木阿弥・・・みずから深い淵におちて行く。
神さまが、どんなにもどかしくも、また哀れとおぼしめしになっていることか!?
それを思えば銀治兵衛どの、泣かずにおれぬではないか!?」
「イヤ、今日もまた、天よりのよき教えをいただきました。」

                                 「教祖様の御逸話」黒住教日新社より

私は、この話を読んで、神さまがこんなにも全ての人々を救いあげよう、よくしてあげようとお骨折りしてくださっていたのかと、思わず感謝せずにはいられませんでした。
と同時に、今まで、つい不平不満の気持ちや、世の中に嫌なことがおこったら、この世に神さまが本当にいるのだろうか、と信仰心がぐらついてみたり、そんな気持ちをおこしてきたことにお詫びしたい気持ちにもなりました。
困った時や不運な状況に見舞われた時、人は得てして心に動揺をきたしたり、変に策を弄して困難を自分で打破しようといった考えをおこしがちですが、そういう時にこそ、心を乱すことなく、我を出さず天に任せきった心になることこそ、神様からのご守護も受けやすくなるということを、私も銀治兵衛さんと同じくよき教えを学ばせていただいたように思います。


有るものをば祓い去って無に至るなり。
心中一念発せんとするや、善悪共に、祓えに祓い、一物も止(とど)めず祓い去る事なり。
これ常祓いなり。この心一日もやまざれば則ち無に至るなり。
無に至りてなおやまざれば、有り難く、嬉しく、面白き事の、言外にたとえをもって言い出しがたきほどの妙味あり。


との黒住宗忠の教えにもありますように、私心なく何ものにもとらわれない心になれば、有り難く、嬉しく、面白き境地で人生が送られるとのことですから、明日からでも一念発起して、毎日大祓詞を何回も奏上してみてはいかがでしょうか。

画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
我を出さない−黒住宗忠の言葉(黒住教) 瑞穂の国日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる