瑞穂の国日本

アクセスカウンタ

zoom RSS 感謝の功徳−黒住宗忠の教え(黒住教)

<<   作成日時 : 2006/10/05 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ある信者さんが黒住宗忠さんに向かい、
「私は、恐れ入ったことですが、平素、心から有りがたいという気が起きません。どうすれば、寝てもさめても有りがたいという気持ちになれますでしょうか」
とお伺いしたのに対し
「それはこうしてごらんなさい。たとえまねでも、口先でもいいから、まず朝目がさめると、第一に有りがたいと礼拝し、それから顔を洗うとまたそこで有りがたいといい、次に日拝をして有りがたいと礼拝し、それから、自分の仕事について、手足が自由に動くことを有りがたいと言い、見るもの聞くもの何につけても、有りがたい、有りがたいと言って行けば、自然とお心が有りがたくなって参ります」と答えられたそうです

                                         「教祖様の御逸話」黒住教日新社より
又、こういう話もあります
ある信者さんが、ハンセン病にかかり、顔にも表れてきました。おかげを受けようと訪ねましたら、黒住宗忠さんは
「ご心配はありません。よくなります。が、この道では、何より有りがたいということが肝要です。とにかく、1日に100遍ずつ『有りがたい』ということを熱心に唱えてごらんなさい」
お答えになられ、その信者さんは、それは簡単だと思い、早速それを1週間実行したのですが、何の効もなく、そこでまた参って、そのことを言いますと
「では、日に1000遍ずつ・・・」
ということで、今度は1000遍ずつを1週間実行しましたが、病状は変わらなかったそうです。
また、そのことを相談したら
「日々1万編ずつ唱えなさい!きっとおかげがあります!!」
その言葉通り、毎日毎日唱えたところ、ちょうど七日目の日に、にわかに熱が出て、激しく吐血し、弱りきって倒れたまま寝たのでしたが、久し振りになにもかも忘れて熟睡し、目が覚めると、大変気分がよく、不思議に顔や手足の腫れなどが取れてしまって、キレイになっていたそうです。

                                         「教祖様の御逸話」黒住教日新社より
これが簡単そうで、なかなか難しい行です・・・。(私にとっては)


画像






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
岡山の黒住教本部で日々修行中の勤番です。
初めてブログを拝見させていただきました。
よく勉強されていますね。
私は、最近ブログデビューしたばかりなので、参考にさせて下さい。
http://kinban.cocolog-nifty.com/blog/
勤番
2006/10/05 22:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
感謝の功徳−黒住宗忠の教え(黒住教) 瑞穂の国日本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる